ステップアップ講座 腕試し問題
Excel実践塾ロゴ

Excel実践塾は二部構成 

このサイトは、Flashを使用しています。上に動画が表示されていない場合は、Flashを見る環境がないと思われます。


Excelは、汎用的でいかなる業務にも対応可能!!
多くの企業で使用されているメジャーソフト!!
パソコンの数だけExcelは存在する!!

Excelステップアップ講座
ワークブックは、メンテナンスが容易であることが重要!!
    計算式は、一度入力すれば完成ではありません。
    計算式の変更・修正などメンテナンスの機会は無数にあります。
  当然、メンテナンスが容易であることは必須です。
理想の計算式は、参照方法(相対・絶対・複合参照)で実現
    理想の計算式は、分かり易く・メンテナンスが容易であることです。
    参照方法なら、計算式をコピペで完成・不可能を可能にもできます。
計算式は、計算結果を表示するだけが全てではない !!
    入力規則・範囲名の設定・条件付き書式でも利用が可能です。
無駄解消は、理論的に理解が必要
   操作を覚えただけでは、無駄は理解できません。
  何故無駄なのか理論的に理解しておく必要があります。

右図は、「少数の誤差が生み出す」と、予想される事例です。
 この場合、田中君はこの間違いを正すために、相当の労力をかけることになるはずです。
Excel誤差による無駄

 ステップアップ講座で身に着けたテクニックを、実践的な問題で試してみてください。
「結果が出れば良い」と言う考えでは正解はできない
    求める結果は一つでも途中の過程は無限に存在します。
  しかし、ビジネスにおいては効率性が追及されます。
  したがって、目指すものは無駄があってはなりません。
  合理性を主眼として、問題を作成しています。
  合理性を追求し、理想的なワークブックを仕上げてみてください。
サンプル問題「九九の計算表」にチャレンジしてみてください。
  理想の計算式を考える時、参照方法は欠かすことができません。
  そこで、最もポピュラーな「九九の計算式」について出題しています。
  この問題は、参照方法を工夫する方法で解法を求めてください。

:「九九の計算式」は、「配列数式」や「OFFSET関数」でも可能です。
Excel腕試し問題サンプル問題

Excelは、誰もが認める素晴らしいソフト

    表計算と言えば「Excel」、パソコンで仕事と言えば「Excel」・・・
    という程、良く知られたキーワードではないでしょうか・・・。
    それは、
    Excelの機能が豊富である
        関数も豊富・データベース機能・入力規則・条件付き書式・・・・・

    プログラムを知らなくても、自由自在に計算結果を表示
        Excelの知識は必要ですが(*^^)v
        でも、プログラミングのことを思えば「問題なし」です(^^♪

    Excelに足りない機能は、VBAが補ってくれる
        足りない機能は、VBAで追加
        毎日行うルーチンワークは、VBAで自動化
        複数存在するデータは、Accessとの連携で一元化
        小規模ならシステム構築も可能


高機能が故に、使いこなせなければ無駄がたくさん!!

    Excelの実践テクニックを知らなければ、自分の作業に無駄があることに気が付かない
    Excelの実践テクニックを知らなければ、非効率的な作業をいつまでも続けることになります。
    Excel実践塾では、その無駄に早く気が付いてもらえる様な記事を書いてまいります。